カンニング竹山、中島が亡くなったその後・・・


20140219_01_022

カンニングはもともと竹山と中島という
2人のコンビ芸人だった

長い下積み時代を経験し
2002年ごろようやくテレビに出始める。

そしてその2年後

中島は白血病に侵された。

当時そこまで売れていなかった竹山も治療費を負担したが、

長い闘病生活の末
結局帰らぬ人となってしまった

しかし、
竹山は未だに「カンニング」というコンビ名を使用し続けている。

ピンで行動する以上
コンビの肩書は必要ないのではないか?

・・・

理由は極めて簡単だった

コンビを解散しない限りは、
給料がそれぞれ「2人」に振り込まれるからである。

つまり、竹山は未だに相方の中島さんのために
そして中島さんの家族のために

自分の給料を振込続けているのだ。

彼のような人を
『漢』と言うのだろう。

「友人」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る