東日本大震災。亡くなる直前に書かれた彼からの遺書


ikiterubiz_20140221_01_014

私は岩手の宮古市に住んでいて地震がなければ高校1年生でした。

今回の地震で両親と兄そして彼氏を亡くしました。

2番目の兄はまだ行方不明です。

私は津波が来たときは高台にいました。 目の前で思い出の場所がどんどん崩れて行きました。
その時の映像がすさまじい音が目、耳にこびりついて離れません。

1週間近くは眠れずに1人で起きてました。
怖くて怖くて……

避難所の犠牲者の名簿に両親と知り合いの名前が刻まれていて今でも受け入れられてません。

兄は近くの避難所にいる友達のお母さんが犠牲者の名簿から見つけてくれました。

彼氏は8歳年上ですごく優しくて何度も結婚しようってゆってくれていたとてもいい人でした。

3月28日に初めて会った彼氏のお母さんが私に亡くなったと教えてくれました。

彼氏の遺体が見つかってからずっと私を探しつずけてくれいたそうです

彼氏の遺体は決して綺麗なものではありませんでした。
至る所に血痕がありました。

そんな私に彼氏のケータイをくれました

「ごめんね。俺はもうダメかもしれない。もし俺がこの世から消えても綾芽は一人で歩けるよ。

俺は綾芽に逢えて幸せだった。

ずっと愛してるけど他の奴と結婚して俺の分も幸せになってください」

こんなメールが保存されていました。

今でも涙が止まりません。

せめて、2番目の兄が何処かで生きていてくれれば……

普段、恥ずかしくて言えなかったけどこの家族に生まれてきてよかった。

お父さんへ
こないだケンカしたっきりもう謝れなくなっちゃったね。
ごめんね。

お母さんへ
受験のことでたくさんケンカしちゃったけど、せめて入学式で新しい制服姿を見てほしかったな。
お母さんの料理がまた食べたいな。

お兄ちゃんへ
お兄ちゃんとの恋バナ楽しかったな。
もっと言いたいことたくさんあったのに…
勉強もたくさん教えてくれてありがと、自慢のおにいちゃんだよ

短い間いっぱいケンカして泣いて笑って辛いことも楽しいことも
全て分け合って生きていれたことに今さらだけどキセキを感じました。

これから何度も泣くことがあるかもしれない

何度も挫けることがあるかもしれない

精神状態も不安定でお医者さんから睡眠薬を貰ってようやく眠れるようになりました。

ご飯はたくさんもらえるけど体が受け付けてくれずに吐いてしまいます。

それだけど私は家族の分、彼氏の分、友達の分、精一杯生きます。

だから、1歩踏み出す力をください。

この想いを誰かに聞いてほしかったんです。お願いします。

追伸

想い出を探しに家があった場所に行ってみたら2番目の兄がいました。
無駄だと思いながらもきてみたそうです

兄も彼女や大事な友達をたくさん失いました。

今は辛い想しかないけど地震以来初めて笑顔になれました

これからは私の亡くなった幼なじみのご両親と一緒に暮らします。
生きたくても絶命した方のためにせめてこれをみてくださった方だけでも命を無駄にしないでほしいです。

「恋人」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る