自らに保険金3000万円をかけて息子を東京の大学に行かせた長友佑都の母親


ikiterubiz_20140224_01_004

イタリア・セリエAの名門、インテル・ミラノに完全移籍したサッカー日本代表の長友佑都選手(24)。

世界レベルのサイドバックとして、栄光の中にいる長友選手を、女手ひとつで育てたのが、母・りえさん(49)だ。

地元・愛媛の公立中学のサッカー部に入部した長友選手。中学2年生になるとサッカー部はどんどん強くなり、3年生のときには県大会で3位にはいるまでになった。

そして迎えた高校進学。長友選手はサッカー選手として本気で「上を目指したい」と思うようになっていた。

憧れていたのは全国でも屈指の強豪、福岡県の東福岡高校。サッカーが強いだけでなく、進学校としても有名だった。

しかし、県外の私立高校に行くことになれば相当なお金がかかる。長友選手はなかなか「東福岡に行きたい」と口に出すことができなかった。

しかし、りえさんは、長友選手が「東福岡に行きたい」と切り出すのをずっと待っていた。ある日、長友選手がおそるおそる話をすると、りえさんはこういったという。

「あんたから『行きたい』というてくれるのをずっと待っとった。お金のことなんか心配する必要ないから」

親戚からは「そんなお金どこにあるの」「プロになるわけでもないのに」と猛反対を受けた。それでも、りえさんは覚悟を固めていた。

「大学も地元ではなく東京に行かせたい。そのためには長友家の姉・兄・長友の3人で3000万円はかかる。奨学金や教育ローンをめいっぱい借りました」

そして自らに3000万円の生命保険をかけた。

「私にもしものことがあったときに、子供たちに負担がかかってはいけない。奨学金の返済が大変になったときには、自ら死んでその保険金で支払うようにしようとも考えていました」

生命保険に入ったことは、もちろん子供たちには秘密にしていた。それでも、長友選手は母の“覚悟”を感じ取っていたようだ。東福岡高校の入学式を見届けて愛媛に戻ってきたとき、りえさんは無事到着を知らせるために送ったメールに、こんなひとことを添えた。

<いままで母親らしいことは何もしてやれなかったけど、がんばってね>

すると、長友選手からこんな返信が届いたという。

<僕は母さんがいてくれるだけでよかった。ほしいものも買わず、したいことも我慢して、一生懸命僕を育ててくれてありがとう>

読みながら、涙が止まらなくなった。

「布団に入ってからも、その言葉を思い出しては泣きました。私は間違ってなかったと…。親が一生懸命仕事をし、生きている姿を見せることが、いちばんの子育て。そう確信できた瞬間でした」

「子供」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る