どん底に落ちたことがその後の人生にとって、大きな価値を生み出す。有吉弘行の生き方


jiikiteru_20140227_01_001

たぶん3年ぐらい前から「元猿岩石の有吉、再ブレイク」なんて言われ始めて、

本人も「2発屋です」なんて自虐的に言っていたが、
最近はブレイクという時期は過ぎ、売れっ子のまま安定期に入った感がある。

私が初めて有吉が面白いと思ったのは、アメトークの「一発屋占い師」のコーナーだった。

今売れっ子とされる芸人やタレントに毒を吐いてバンバン爆笑を取っていた。

「有吉ってこんなに面白かったっけ?つーか、ここ最近で一番笑ったわ~」なんて思った記憶がある。

同時期にテレ東深夜の「アリケン」の「しゃべり場」で、
蛭子さんに「お前」呼ばわりしたり、「テレ東なんて要らなくないですか?」とか言ってたのも笑った。

有吉自身も「きっかけ」だという、アメトークでの品川へ「おしゃべり糞野郎」というあだ名をつけたのは、
毒舌キャラの確立だったのではないでしょうか。

リンカーンの説教先生でダウンタウンに「僕から言わせたらしょせん一発屋なんです」とかw
和田アキコに「R&B(リズム&暴力)」という素敵なあだ名も付けて、 大物相手の毒舌もこなしている。

最近では、「毒舌講座」、「芸能界這い上がり講座」、「芸能界で生き抜く講座」など、
「先生」の称号をもらって番組の企画をやっていることも多い。

他にも、ダンディ坂野やルー大柴など、「再ブレイク」と言われた芸人はいたが、
どの「再ブレイク芸人」も今や、しぼんでしまった感があるが、 有吉はなぜ再ブレイクに成功したのだろうか?

色々な要因があると思うが、私なりにまとめてみた。

・その1「毒舌」

これは有吉の最大の武器でしょう。
もちろんあだ名もこれに含む。
しかし、こんなに規制が厳しくなった昨今、なぜ毒舌が受けたのだろう。

まずは、それまでのお笑い界が、 スポンサー迎合の番組作りの中で、場をそつなくまとめる司会者タイプの芸人か、

エンタの神様やレッドカーペットなどで、意味不明な、響きがなんとなく面白いフレーズで笑いを取る低年齢層向けの芸人か、
この2タイプが多数を占めていて、

全盛期のビートたけしやダウンタウンなど、大人も笑える刺激的な笑いを知っている世代には、物足りない感じがあったのではないだろうか。

そこに強烈な毒舌で笑いを取る有吉を見て、「やっとこういう芸人が出てきたか」と思っている方もいるのでは。

また、毒舌に一般人目線を入れるのも有吉の特徴だ。

芸能人とは、憧れの対象であると同時に、強烈な妬み嫉みの対象でもある。

そこに有吉が毒を吐くと、そのタレントのファンには恨まれるが、なんとなく気に食わない、と思っていた人からすると、
「いいぞ有吉もっとやれ」となるわけだ。

有吉は売れてなかった7、8年間で、不眠症で寝れないときは、1日20時間くらいテレビを見て、テレビに向かって毒を吐いていたそうだから、
有吉がよく言う「あなたは世間一般では…」というフレーズも、その目線は間違っていないのだろう。

また、常態化した不景気の中で、世に不満を持つ人が多いのも追い風かもしれない。

華やかな芸能界に対して、「芸能界ってダメな人間多くないですか?」とか
「お前ら一般社会じゃ通用しないぞ」などとビシっと言うのは支持も集めるのだろう。

いつだったか2ちゃんねるで「コイツってほんと2chにこびてるよな」なんて書き込みも見たことがある。
有吉が世間の声の代弁者として的確過ぎるので、その裏返しなんだろう。

支持層が多い 。

これは、有吉の同年代というのは、団塊ジュニアの周辺世代で、単純に年代の人口比率が高いのだ。

なので、有吉の言い分も、細かい部分で同世代に頷ける部分が多いのではないかと思う。

バブル景気を謳歌した上の世代と違い、多少その空気は知っているが、どちらかと言えば、戦後最大と言われる長期不景気を味わっている世代。

人数が多いので、競争からあぶれる人数も多い年代。
この世代で、有吉の話に「ウンウン分かるよー有吉」と頷いている人間が多いのでは…。

・その2「芸能界の頂点と底を知っている 」

有吉の若さで、この両面を知っている、語れる芸人は他になく、これも武器の一つだろう。

今の中堅芸人は売れるまで時間がかかっている苦労芸人が多く、芸能界の「いい時代」を味わっていない芸人が多い。

有吉が猿岩石で売れた当時というのは、まだ日本も今ほど景気も悪くはなく、

また、今は人々の趣味趣向が細分化され、国民的な人気タレントが生まれにくくなっているが、

当時はタレントがテレビでブレイクするということは、国民の少なくとも半数が名前を知っている、という時代だった。

曰く、CD110万枚、本250万部、印税等が集中した月の給料が2000万円など。

また、当時HISの台頭や格安航空券の普及、景気がよかったなどの要因もあって、貧乏旅行で海外に出た若いバックパッカーが多かったが、

これは猿岩石の影響も少なからずあっただろうし、これも含めると「経済効果2兆円」もあながち大げさではないだろう。

芸人がちょっとブレイクする程度では、今じゃありえない体験を有吉は持っているわけだ。

有吉が先輩芸人に向かって「まだ1回もブレイクしてないですよね」などと言って、先輩芸人も言い返せない理由がここにある。

まだ若い 有吉は、猿岩石で売れたときはまだ20代前半で、その後何年か沈んでいても、再ブレイク時でまだ30代。

まだまだ気力体力が充実している30代で復活できたのもよかった。

ここで、ルー大柴と比較してしまうが、 ルー大柴が最初に売れたのが30代半ば。
その後しばらく沈んでまた再ブレイクしたのは50代になってからだった。

我々が昔知っているルー大柴といえば、英単語の多用と、その濃い容姿とギラギラしたクドイ芸風。

再ブレイク後にテレビに出てきたのを見たが、
本人も、そのクドイ芸風を求められていると思ったのか、またやろうとはしているが、

もう体がついてきていない印象だった。ルー大柴も初老になってしまった、というのが感想だった。

・その3「芸人としてはルックスが悪くない」

有吉も20代の時分にはアイドル扱いされただけあって、賛否あるだろうが芸人の中ではルックスは悪くないほうだ。

これはもちろん女性ファンもつきやすいだろうし、
どちらかと言えば、丸顔で目も大きくいわゆるファニーフェイスというやつで、
有吉の毒もこれで中和される効果もあると思う。
有吉自身も「毒を吐いているときは鬼の形相でいいが、その後にニッコリ笑うようにしている」そうでw

・その4「ネタよりはトークの芸風」

有吉は当たりネタが無く、コントやライブの経験が少ないのがコンプレックスだそうで、

自身「スキルの低い芸人です」などと言っているが、 その分、意識的にトーク力を磨いたんではないか。

コアなファンの話では、デビュー当時からセンスはあり、楽屋での話が面白いことから、かの高田文夫から「楽屋真打ち」と呼ばれたそうだが。

今のテレビ番組では、ネタが面白いよりも、
トーク力があって、様々な番組に対応できるほうが、息が長くなる傾向があり、 これも有吉には功を奏している。

また、再ブレイク当初は、あだ名と毒舌を求められることが圧倒的に多く(今でも多少そうだが)、
ゲストとしてのほうがやりやすそうであったが、
最近は司会や、大して毒を吐かない役割も無難にこなしてきている印象がある。

これは、自身「ただニコニコしている」と言う「有吉AKB共和国」や、 「僕は深夜で輝くが、ゴールデンで下がる」などと言ってい
た昼やゴールデンの番組をこなす中で、 うまいこと、毒舌・あだ名だけの芸人から、色々な役割をやれるスタンスに持ってきているように感じる。

人は何かを始めるのに遅すぎるということはなく、どんだけどん底に落ちても這い上がることができるということ。
そして、どん底に落ちたことがその後の人生にとって、大きな価値を生み出す。

有吉さんはロンドンハーツのレギュラーにもなりましたし、これからの活躍も楽しみです。

「仕事」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る