邪険にしていた彼女が事故で亡くなったとき、買い物袋の中にはオレの好きなものばかりだった。


ikikiteru_20140313_01_001

「私のどこがすき?」
お前はいつもそんなことばっか聞いてきたな。

いつも俺は
「さーな」 「どこでもいいだろ」
こんな適当な返事しかしなかった。

あの時ちゃんとお前に伝えておけばよかったな。
もうお前は俺の隣にも同じ世界にもいない。

付き合って一年。
俺は彼女に少し飽きていた。
今日も会う約束をしていた。

約束の時間にチャイムが鳴る。

彼女だ。俺は無視して携帯ゲームをする。

「ねー携帯ばっかいぢらないでよ~
お腹すいちゃった。コンビニ行こうよ」

あぁめんどくさい。

「お前うっとおしい。
コンビニぐらい1人で行けよ。」

そういうと彼女はムスッとして出ていった。

それからどんだけ時間がたっただろうか。
気にしないでテレビをみていると彼女からの着信だ。

「なんだよ」

「○○君?△△の母だけど…。
今すぐ病院にきてくれる?」

彼女の母親からだった。
俺は嫌な気がした。

病院にいくと彼女は傷だらけだった。
眠っているようだった。だがもうかえらぬひととなっていた。

俺は頭が真っ白だった。

コンビニの帰りにトラックにひかれたらしい。即死だったそうだ。

彼女の母から渡されたコンビニの袋。
その中には、俺が大好きな飲み物、お菓子など沢山入っていた。

その時に俺は彼女の大事さに気付いた。

こいつは俺のことこんなにも愛してくれて、理解してくれたのに
俺は何もしてやれなかった。

お前の笑顔が好き。
お前の優しさが好き。
お前の声が好き。
お前の匂いが好き。
なんであの時伝えなかったんだろう。

お前との時間が何より大切だよって。

飽きていた?
こんなバカな俺をいつも支えてくれたのはお前だったのに。

いつもありがとうってまだ伝えてねーよ。
なぁ。お願いだよ。今までのこと全部あやまりてぇよ。戻ってきてくれ。

俺はその時初めて大きな声で泣いた。

失ってからじゃ遅いんですよ。
家族、友達、恋人。
大切にしてください。
ありがとう。大好き。
たくさん伝えてください。

明日があるなんて保証はありません。
今を大事にしてください。

大切って、いなくなってからきずくんだょね。

でも、それじゃおそい。。。

「恋人」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る