ケンドーコバヤシが救った命


20140218_01_010

数年前の正月番組で、須磨海岸の海辺で相撲をやるといういかにも若手らしい企画をやっていた。

落ちたらもちろん冷たい海へ
そしてシャンプーハットの小出水は若手らしく勢いよく海へ落ちた。とテレビはここまで。

その舞台裏では大変な事になってた。
小出水は震えが止まらず、顔は青ざめ、身体は完全に冷え切っていた。

海岸につくられた控え室にはスタッフ、芸人がたくさん集まっており、小出水が控え室に入った時、暖房器具の周りには芸人が集まり身体を温めていた。

小出水の異変に気づいたケンコバは「小出水が横になるスペースをつくれ!!!」と突然叫び、
自分に巻いてたタオルを小出水に掛け寝かした。

しばらく意識は戻らなかったが ケンコバのすばやい対応により意識が回復した。

意識が戻って目を開けたら目の前にサバンナの高橋が「良かった、生きてるわ」と泣いていたらしい。

意識が戻ったとき、小出水はケンコバを探したが周りいなかった。

海辺でタバコを吸ってるケンコバへ小出水は歩み寄りケンコバに 「ありがとうございました」と言い

コバヤシは 「何のこと?俺はずっとナンパしてた」と嘘をついた。

小出水は、その時、その嘘が嬉しかったと話してた。

「友人」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る