母親の代わりに孫をしっかり守り続けたバッドボーイズ清人のおばあちゃん


ikikiteru_20140318_01_001

もの心ついた時から、僕にはおかあさんがいませんでした。

母親代わりにぼくを育ててくれたのは、目の不自由なおばあちゃん。

ikikiteru_20140318_01_001

でも、おばあちゃんは目が不自由とは思わせないほど、明るくて元気で、そんな大好きなおばあちゃんとぼくは、ずっと2人で一つで生きてきました。

台所ではおばあちゃんが慣れない包丁をスームーズに使って料理をする横でぼくは、お鍋にごみが入ってないか見守るのがぼくの役目。

そんな子供の頃の出来事で、今でも思い出すのが、ぼくが保育園に預けられて間もなくの事。

送りの時は僕と一緒にいて、手を繋いでいるのでいいのですが、目が不自由なおばあちゃんは迎えに来るのが一苦労。

なので保育園から帰る時は、決まって僕がいつも最後。

そんなある日、いつものように友達と遊んでいた子が、1人、また1人と迎えに来て結局、ぼくはまた1人ぼっち。

小さなジャングルジムで遊ぶことになりました。しかし、辺りが暗くなってもおばあちゃんは迎えに来ません。いつもならもう迎えに来ている時間なのに。

「ぼくは、おばあちゃんに捨てられたんだ」と思い、不安でいっぱいになって、泣きそうになって、でも先生にばれたくなくて、ずっと下を向き、堪えていました。

どのくらい時間が経ったのでしょう。「清人くん、迎えにきんしゃったよ」という先生の声が聞こえました。

顔を上げると、そこにはおばあちゃんがました。

ぼくは、「なんで、こんな遅いと」と近寄ると、おばあちゃんのおでこに大きなタンコブがありました。

遅うなってごめんね、道に迷って電信柱に頭ばぶつけてね。おばあちゃんはぼくを捨てるどころか、一生懸命ぼくを迎えに来てくれていたのです。

その日の帰り、ぼくはいつも以上におばあちゃんの手を握っていました。

おばあちゃん、いつまでも長生きしてね。今度、ひ孫の顔見せにいくけんね。

「おばあちゃん」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る