あなたは私にとって最高の母です。FUJIWARA原西孝幸


ikikiteru_20140320_01_001

おかんへ、あなたはとてもユニークな人でしたね。

俺が1兆個のギャグがあると言うと、私には2兆個あるで。

何て嘯いて。代表ギャグは「どすこい、どすこい、ネギちょうだい」かな。

親子で色々な番組に出せてもらいましたね。

今思えばFUJIWARAとして大事な時期には、いつもオカンのキャラに助けられていたような気がします。

2008年の暮れ、大阪の実家から1本の電話が掛かってきました。

親父からでした。朝起きたら、おかんが冷たくなって動かない。

たぶんダメだと思う…。というものでした。心筋梗塞。

突然の訃報。一瞬で体の血の気が引いていくのがわかりました。

2日前大阪のバラエティー番組で共演したばっかりだったから、頭の中を整理するのに時間が掛かって。

しばらくして、すごい罪悪感が襲ってきました。

日ごろからもっとやさしく接しておけばよかった。

いつからか、おかんと会うのは仕事で共演する時ばっかりになってましたね。

色んなバラエティーに出るうちに、おかんへのハードルが上がって、俺自身ももっとできるだろうと、ダメ出しばっかりしたり、

親子漫才のネタ合わせでイライラしたり、芸人扱いしてしまっていましたね。

考えてみたら、親孝行せなだめな年なのに、いつまでも親の脛をかじって。情けないです。ごめんな…。

でも、おかんはテレビに出ること自体はすごく楽しみにしていたよね。

特にリンカーンでは、大竹さんとキスしたり。おかんメインのスペシャルを組んでもらったり。

大好きな浜田さんにもいっぱい突っ込んでもらったな。

そういえば天国から見てたかもしれないけど、松本さんがおかんが亡くなってすぐに仏壇に手を合わせに来てくれはったんやで。

おかんミーハーやから、嬉しいやろ!もう、3回忌も過ぎたのに、いまだに著名人の方が「おもしろいお母さんだったね」と言ってくれます。

その度におかんの偉大さを痛感します。

それからは脛をかじらずに、がんばっていきますね。あなたは私にとって、最高の母であり、3人目のFJIWARAでした。これからも天国で見守っていてください。

「母親」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る