出産時に死んでいたけど父親のマッサージで生き返ったある歌姫


ikikiteru_20140422_01_004

赤ちゃんは予定日を3週間過ぎても、誕生しなかった。

医師は帝王切開を決断する。

そして、取り出された赤ちゃんの心臓は動いていなかった。

母親は麻酔で意識無し。

医師は父親に「残念ですが…」と
胎児の死を告げる。

しかし、父親はこの小さな命をあきらめようとはしなかった。

父親は泣きながら、必死にマッサージをした。

すでに決めていたその子の名を叫びながら。

そして、奇跡は起こった。

なんと、赤ちゃんは徐々に血の気が戻ってきて蘇生した。

アメリカで生まれ育ったあの奇跡の赤ちゃんは、

やがて両親の影響で音楽に目覚める。

10才でファミリーユニットとしてデビュー。

14才でソロデビュー。

その才能は祖国、日本へと渡り、15才で日本デビュー。

奇跡の命は次々と伝説をつくった。

デビュー曲、「Automatic」はいきなりミリオンセールスを記録。

16才でファーストアルバム「First Love」を発売。

国内外で1000万枚近い売上で日本アルバム歴代チャート1位に輝く。

以後10年にわたり、奇跡の少女は歌姫として
音楽業界で神話をつくり続け、

アメリカや全英でもメジャーデビューを果たし、
世界の歌姫になる。

日本の歴代ミリオンセールスアルバムランキングで
1位、4位、8位に彼女の作品が入っている。

そのため日本で最もアルバムを売ったアーティスト
としてギネスブックに紹介されている。

彼女の名は宇多田ヒカル。

そして27才、彼女は突如、活動を休止する。

最後となる彼女の公演は、全国64の映画館70スクリーンで
計1万7000人が生中継を見守った。

Ustreamでは全世界に生配信され、

全世界最高、国内過去最多となる
延べ92万5000件のアクセス数を記録した。

Twitterにおける彼女のフォロワー数は
100万を越える。

「 わたし、極限まで集中できることが
一番の能力だと思っていて、」

曲作りでも歌っているときでも、
極限の集中状態まで昇りつめていくと、

すごく居心地よくて懐かしい
気持ちいい場所まで突き抜けるんです。」

突き抜けよう。

極限まで集中させて。

命は奇跡。

人生は奇跡の連続。

あなたの命をあきらめるな。

あなたの夢をあきらめるな。

あなたの人生には奇跡が毎日積み重なっている。

あなたの命を一生懸命、守ってくれた人たちのために。

あなたの命を生んでくれた人のために。

一度奇跡を起こすと、連続して奇跡は起きていくものなんですね。

人生は素晴らしい。

「父親」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る