うまくいく人とうまくいかない人の16の違い


23e92c8a

何をやってもうまくいく人がいる。逆に何をやってもうまくいかない人もいる。
成功するものと失敗する者。
同じ人間なのにその違いはどこから生まれてくるのだろう?

 実際に成功した起業家である「ペトラ・コーチ」の最高経営責任者(CEO)であるアンディ・ベイリーが、
成功する者と失敗する者の16の違いを端的に表したインフォグラフィックを作り上げた。
そこにはイラストでわかりやすくその違いがまとめられている。

これらのほとんどは良く言われていることだ。
だがこれらを毎日読み返すことで、失敗は自らが招いた結果であることが再確認でき、
成功する人の行動や考え方を頭に叩き込むことができる

以下は上の図に書かれているものを日本語にしたものである。
これまでうまくいかなかった人、自分の生き方を変えたい人は毎日チェックするといいだろう。

成功する人 / 失敗する人の16の違い

1. 変化を楽しむ / 変化を恐れる
2. 人の成功を望む / 人の失敗を願う
3. 喜びを表す / 怒りをまき散らす
4. 失敗した責任を認める / 失敗を人のせいにする
5. 自分のアイデアを話す / 人のアイデアや功績を自分のことのように話す
6.データや情報を共有する / データや情報を隠す
7. 成功したのはみんなのおかげ / 成功は全て自分の功績
8. 目標とそれを達成するプランを決めている / 目標を決めない
9. 自分の行動を記録する / 人には記録しろと言うが自分は記録しない
10. 毎日本を読む / 毎日テレビを見る
11. 様々な視点に立って動く / 狭い視野でしか動けない
12. 常に学んでいる / 新しい方法を学ぼうとしない
13. 人をほめる / 人を批判する
14. 人を許すことができる / 人を妬み、恨む
15. やりたいことを常に持ち続けている / 何をやりたいのかがわからない
16.常に感謝の心を持っている / 感謝の心を持たない

他にも良く言われていることで成功と失敗を分ける1つの鍵がある。
それは自分が幸せになることを”諦めないこと”だ。

もちろん勇気ある撤退が必要なこともあるが、途中で投げ出すのはもちろん、
やる前から諦めてしまっては、当たっていた宝くじの当選発表を見る前に捨ててしまっているようなものだ。

自分を信じて、まわりを信じて、くじけそうになったら目標を手の届きそうなところに落としながら、
1つでも最後までやりとげることができたら、それが自信につながり、
次はもうちょっと上のところまでできるようになるだろう。

「その他」, 「仕事」, 「友人」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る