詐欺にあった荒木飛呂彦が言ったひとこと「そうか。そいつは今週で一番の良い知らせだ」


20140219_01_010

集英社の「ジョジョの奇妙な物語」の作者である
人気漫画家荒木飛呂彦は、取材の撮影を終え帰る準備をしていた。

彼が一人で駐車場に向かっていると、一組の夫婦が彼に話しかけてきた。

夫婦は彼の今までの功績をたたえた後、自分の娘は重い病気にかかって死に掛けているが、

お金がないために、手術をする事ができないのだと彼に伝えた。

それを聞いて哀れに思った荒木飛呂彦は「これが子供のために役立てば良いのだけど」
といって、1億3000万円の小切手を夫婦に渡した。

翌週、彼が仙台で原稿を書いていると編集者がやって来た。

「先週、駐車場にいたファンが、荒木飛呂彦さんが中年の夫婦に会っていたと言っていましたが・・・」
荒木飛呂彦はうなずいた。

「実は」と職員は続けた。

「あの夫婦は有名な詐欺師で病気の女の子なんていないんです。飛呂彦さんはだまされたんですよ」

「じゃあ、死に掛けている女の子なんていないの?」

「そのとおりです」

すると、荒木は笑いながらこう言った。

「そうか。そいつは今週で一番の良い知らせだ」

「見ず知らずの人」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る