喋れんかったら喋れんかったでアホな顔して笑ろとったらええねん


20140218_01_001a

~中川家の良い話~

中川家剛がパニック症候群で
復帰できるかすら分からない状態になった時、

礼二は「『中川家』の名前を残していれば、いつか兄が戻って来た時に居場所があって仕事しやすいだろう」とレポーターやナレーター等で活動を続けた。

そして剛は坂田利夫の
「喋れんかったら喋れんかったでアホな顔して笑ろとったらええねん」の言葉で一番気が楽になり、完治へと繋がった。

「兄弟」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る