阿部寛が14年間乗り続けている大切な車、マツダ・ファミリア


20140219_01_011

今や芸能界の七不思議の一つに数えられているのが人気俳優・阿部寛の愛車だ。

黄色のマツダ・ファミリアになんと(2008年1月の時点で)14年間も乗り続けている。

走行距離は10万キロを超え、査定価格もマイナスになるそうだ。

何度も知人やスタッフからは

「スターは夢を売る商売。しかも阿部のイメージとは程遠い。いい加減、車を買い替えたら」と忠告されている。

撮影所やテレビ局の駐車場でも阿部のファミリアは有名だとか。

年収は3億円を超えているといわれているのに、なぜ車は庶民派なのか?

ファミリアは阿部が俳優としてようやく売れ出した頃に初めて購入した車。

以来、乗り続けて売れっ子になった。

奥さんと結婚前にドライブしていたのもあのファミリアだから、
今後も手放すつもりはないそうです。

「その他」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

Facebookでファンを募集しています。

いいね!を押して頂けると、今悩んでいる人にあなたのメッセージがそれとなく伝わります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る