どこか足りない子は、その代わり誰にも持ってない才能がある

小学生の時、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。

でも、絵が上手な子だった。

彼は、よく空の絵を描いた。

抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間
解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。

冷や汗をかきながら、指を使って、「えっと・・・えっと・・・」と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。

N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。

私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、

N先生は違う学校へ転任することになったので、
全校集会で先生のお別れ会をやることになった。

生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。

「先生に一番世話をやかせたのだからA君が言え」と
言い出したお馬鹿さんがいた。

お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。

水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。

放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。

その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。

N先生がぶるぶる震えながら
嗚咽をくいしばる声が体育館に響いただけでした。

昨日デパートで
美しい水彩画とA君のサインが書かれたポストカードを発見いたしました。

N先生は今、僻地の小学校で校長先生をしております。

教員が少なく子供達が家から2時間ほどかけて
登校しなければならないような過疎地へ

先生は自ら望んで赴任されました。

N先生のお家には、毎年夏にA君から絵が届くそうです。

A君はその後公立中高を経て、美大に進学しました。

お別れ会でのN先生の挨拶が思い浮かびます。

「A君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。
みんなはもしかしたら、 見たこと無いかもしれない。

ユトリロっていう、フランスの人でね、街や 風景をたくさん描いた人なんだけど。

空が、綺麗なんだよ。
A君は、その才能の代わりに、他の持ち物がみんなと比べて少ない。

だけど、決して取り戻せない物ではないのです。
そして、A君は それを一生懸命自分のものにしようしています。
これは、簡単なことじゃありません!」

A君は、空を描いた絵を送るそうです。

N先生が作り方を教えた、

美しいエメラルドグリーンだそうです。

「先生」の人気記事はこちら

過去の記事を全て一気に読みたい

全記事一覧はこちら

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る