自分が偉いとか上手だとか思ったとき、人生の誤りが始まります。

長友佑都さんが苦しい時に、おばあちゃんからもらった手紙。

命が一番、元気が一番です。心の元気が健康のもと。

こころをやわらかく。

苦しさを 嬉しさ に変える。

何があっても絶対に解決の方法はあります。

いいこと 悪いこと、喜び 悲しみは表裏一体です。

今の状況を抜けるときは、人生が飛躍するときです。

強さとは無心に尽きます。 心がない、無心に尽きます。

一流選手の条件は、長く続けることです。

上から目線は、頭しかみえません。 周りが見えません。

自分が偉いとか、上手だとか思ったとき、人生の誤りが始まります。

しんどい時は、先のことを考えない。

人にわかってもらいたいとか、変わってもらいたいと思っているあいだは、
しんどさが続きます。 相手が悪いのではありません。

落ち込むと 後悔の念が先に立ち、失敗ばかり目がいきます。
抜け出すには、きっかけをつかむこと。

自分の気持ちを変えるのではなく、きっかけを持って変わるものです。

そのきっかけは、友人、先輩、子供、本や映画、何でもいいです。

悶々としているときは、思考回路が空回りします。

肩の力を抜いて心に響く言葉に出逢うことです。

笑いは天の花。

いっぱい笑ってください。

・・・・・・・・・(割愛)

公私ともに中傷もありますが、すべてをバネにしてください。
嫉妬・悪口を言ってくれた人に感謝して大きくなることです。