難病により、短い生涯を終えた大島みち子の想い

顔の軟骨が腐るという難病にかかった大島みち子さんは、
高等学校を五年かかって卒業し、京都の同志社大学に入学した。

しかし、病気が再発し、長い病院生活が始まった。
その間に、ある大学生と知り合いになり、互いに手紙を取り交わす間柄になったが、
とうとう2人は一緒になれずに、短い生涯を病院のベットのうえで閉じていった。

その大島みち子さんが書き残した日記を集めたのが

「若きいのちの日記」

その日記の中から…

「病院の外に健康な日を三日ください。
一週間とは欲ばりません、ただの三日でよろしいから病院の外に健康な日がいただきたい」

「一日目、私はとんで故郷(ふるさと)に帰りましょう。
そして、お爺(じい)ちゃんの肩をたたいてあげたい。

母と台所に立ちましょう。
父に熱燗(あつかん)を一本つけて、おいしいサラダを作って、楽しい食卓を囲みましょう。
そのことのために一日がいただきたい」

「二日目、私はとんであなたのところへ行きたい。
あなたと遊びたいなんていいません。

お部屋のお掃除をしてあげて、ワイシャツにアイロンをかけてあげて
おいしい料理を作ってあげたいの。
そのかわりお別れの時、優しくキスしてね」

「三日目、私は一人ぽっちで思い出と遊びましょう。
そして、静かに一日が過ぎたら、三日間の健康をありがとうと、
笑って永遠の眠りにつくでしょう」

「その他」, 「孤独」の人気記事はこちら


コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る