子供だけじゃなく大人にもヒーロー、半田健人

昭和バカの半田健人がロケの合間に散歩してた。

そこに通りかかったヘルパーのAと介護してるおじいさん。

ライダーファンのAが話しかけ、おじいさんは長々と昔話を始めてしまった。

楽しく聞いてたが、仕事があるのでそろそろ切り上げなくてはならなくなった半田は
慌ててその介護施設の名刺をもらった。

数ヶ月後、オフの半田が来て、調べたその地域の話をした。

やたら昭和の話で盛り上がり、しまいには尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を歌ってくれた。

ちょうどその日来てた老人は皆が泣いてた。

帰り際にAが
「子供だけじゃなく大人にもヒーローなんですね」と言ったら

「僕はまだ末席です」と真顔で言った後、

門の前で深々と頭を下げて
「本当にありがとうございました」と、施設そのものに言った。

それがあまりにピシッと背筋を伸ばしてたから、友人もウルっときたと。

「見ず知らずの人」の人気記事はこちら


コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る